粉瘤治療のくり抜き法・切開法のご紹介

ウェルネスビューティクリニック名古屋院
未成年同意書ダウンロード
0120-788-996 LINE友達追加 INSTAGRAM
名古屋市中区栄駅ウェルネスビューティクリニック名古屋院

粉瘤の治療法

お問い合わせ

treatment粉瘤の2つの治療方法

粉瘤の治療方法には、従来法(切開法)と
くり抜き法(へそ抜き法)の2つがあります。
それぞれに特徴とメリットとデメリットについて、
詳しく説明させて頂きます。

従来法(切開法)

従来法はくり抜き法ができる前からある手術方法で、メスを使って切開し、粉瘤の袋を破らないように、しっかりそのまま全部取り除くという方法です。

破れずに取り出せれば完全に摘出できるので、再発する可能性が少ないことになります。
ただ、粉瘤の大きさと同じくらいの長さの皮膚を切開するので、丁寧に綺麗に縫合するものの粉瘤の大きさによっては傷跡が大きくなってしまいますので、顔など露出して目立つ部分にできた粉瘤の場合には傷跡が気になってきます。

  • 従来法(切開法)のメリットとデメリット

    従来法(切開法)の
    メリットとデメリット

    メリット

    • 再発の可能性が少ない
    • 炎症を繰り返して皮膚と袋がくっついている粉瘤に対応できる

    デメリット

    • 傷跡が大きくなる
    • 縫合するので抜糸の必要がある
    • 炎症性粉瘤の場合は、一旦炎症を落ち着かせてから手術するという2段階の治療になる
  • 従来法(切開法)の適 応

    従来法(切開法)の
    適 応

    • 何度も炎症や再発を繰り返している粉瘤
    • 皮膚が分厚い部位にできた粉瘤 など

くり抜き法(へそ抜き法)

くり抜き法は、現在では粉瘤治療の一般的な手術方法になってきました。

粉瘤の真ん中に円筒状のメスで4~5㎜ほどの小さな穴をあけて、粉瘤の中身を押し出します。押し出した後に袋を丁寧に取り除くという手順になります。
切開した穴も小さいので、通常は縫合もせずに自然に傷が治るのを待つので抜糸の必要もありません。

従来法(切開法)に比べて傷跡が小さく、炎症を起こしている粉瘤でも対応できるのがメリットですが、うまく取り切れていないと粉瘤が再発しやすいことがデメリットになります。

  • くり抜き法(へそ抜き法)のメリットとデメリット

    くり抜き法(へそ抜き法)
    メリットとデメリット

    メリット

    • 傷跡が小さくてすむ
    • 短時間で手術できる
    • 炎症を起こしている粉瘤でも手術できる

    デメリット

    • うまく取り切れないと再発しやすい
    • 大きくなりすぎた粉瘤の場合は、袋が取り出しにくい
  • くり抜き法(へそ抜き法)の適 応

    くり抜き法(へそ抜き法)の
    適 応

    皮膚が分厚い部分にできたり、何度も炎症を繰り返して皮膚と袋が癒着してしまっている粉瘤など、従来法(切開法)の適応になるもの以外は、くり抜き法(へそ抜き法)で対応できます。

    従来法とくり抜き法のどちらを選択するかは、粉瘤が出来た場所や状態などから医師の判断によりますが、形成外科医は従来法、皮膚科医はくり抜き法が多いように思われます。

benefit生命保険の給付金
について

個人で生命保険会社や共済組合の医療保険や医療特約に
加入されている場合、契約によっては手術給付金を
受けられる場合があります。

生命保険の給付金について

粉瘤の手術の費用は、健康保険の適用が受けられるので、一部負担金も大きくなく気軽に受けていただけるものではあります。

もし、生命保険会社や共済組合などの保険に加入されている場合、保険の契約内容によっては手術給付金・交付金がもらえることもあります。自ら申請しないともらえないものになります。
粉瘤の手術に限らず、できるだけ出費は減らしたいものです。手術に対して給付金が受けられるような保険にご加入されている場合は、忘れずに確認しておきましょう。

給付が受けられる場合は、申請に必要な書類も必要なので
早めに確認しておくようにしてください。
粉瘤の手術の場合の術式名は、「皮膚・皮下腫瘍摘出術」となります。

お問い合わせ
お問い合わせ

pagetop