粉瘤の見分け方について

ウェルネスビューティクリニック名古屋院
未成年同意書ダウンロード
0120-788-996 LINE友達追加 INSTAGRAM
名古屋市中区栄駅ウェルネスビューティクリニック名古屋院

粉瘤の見分け方

お問い合わせ

how to粉瘤とニキビの
見分け方

粉瘤とニキビの見分け方

ニキビと間違われることもありますが、初期の状態の粉瘤は、触れるとしこりがあると分かる程度で、見た目に大きな変化は有りません。
炎症を起こした赤ニキビと炎症性粉瘤の症状が似ている部分もありますが、初期の粉瘤が炎症を起こすことは稀です。
また、粉瘤の特徴の開口部と呼ばれる「黒い点」がヒントにもなりますが、中心あたりに黒い点が見える黒ニキビと似ているので、自身では見分けがつかないこともあります。

ニキビの大きさは、どんなに炎症が悪化しても数ミリ程度ですし、市販の外用薬でも治すことができますが、粉瘤は薬で治ることはありませんが、粉瘤は外用薬では治りません。

薬を塗っても一向に治らず、しこりが気になるという場合はウェルネスビューティクリニック名古屋院を受診するようにしてください。皮膚科医が診ればすぐに診断できます。

  • ニキビと粉瘤の違い

    ニキビは、毛穴に皮脂が詰まってしまうことからできますが、粉瘤は何らかの原因で皮膚が袋状になったところに、皮脂や古い角質がたまってできたものです。

    毛穴に皮脂や古い角質が溜まり始めて次第にポツポツと出はじめるのが白ニキビです。完全に毛穴を塞いでしまって詰まった表面が酸化して黒くなったのが黒ニキビ。さらに皮膚の常在菌のアクネ菌がその中で繁殖し、炎症が起こった状態が赤ニキビと徐々に重症化していきます。このようにニキビは次第に悪化して大きくなっていきますが、どんなに悪化して大きくなっても、数ミリ程度の大きさです。

    皮脂腺がある毛穴であればニキビはどこにでもできますが、特に皮脂腺の多い額・鼻・顎のTゾーンや、背中・胸にできやすいのが特徴です。

  • 粉瘤を見分けるポイント

    • 突然できたのではなく、元からやや盛り上がった半球状のしこりのようなものがある。
    • 中央辺りに開口部の黒い点があることがある。(※黒ニキビは同じように中央に黒い点があるのでまちがいやすいです)
    • 強く圧迫すると嫌な悪臭がする白~黄色がかったペースト状の内容物がでてくることがある。

how to粉瘤と脂肪腫の
見分け方

粉瘤と脂肪腫の見分け方

脂肪腫は、粉瘤と同じく皮膚の下にできる良性の腫瘍で、皮下に発生するできものの中で最も発生頻度が高いものになります。脂肪腫も徐々に大きくなる傾向があり大きいものでは15cmほどにまでになります。

粉瘤と同じく、脂肪腫も手術でないと治ることはなく、ほとんどが日帰り手術で治療ができますが、筋肉に入り込んでいる場合などは、全身麻酔での手術が必要になります。

脂肪腫は粉瘤と見た目はよく似ていますが、脂肪でできているので柔らかく、周囲の組織と被膜で分かれているため、指で押すと皮膚と関係なく動きます。粉瘤は、皮膚の一部が内側に入り込んで袋状になった部分に老廃物が溜まってできたものなので、皮膚と一緒に動きます。

脂肪腫は長年サイズが変わらないことも多く、炎症を起こすことはほとんどないので放置されている方もいらっしゃいますが、徐々に大きくなってきたり痛みが伴う場合は切除することになります。

大きくなると手術にも時間がかかり傷跡も大きくなるので、
粉瘤と同様小さいうちに治療することをお勧めします。

  • 脂肪腫の原因とできる場所

    脂肪腫ができる原因やメカニズムは、粉瘤と同じくまだ明確には分かっていません。脂肪腫を詳しく検査すると染色体異常がみられるケースもあることから、遺伝子と関与している可能性が考えられています。

    脂肪腫も粉瘤と同じく身体のどこにでもできますが、背中や肩、首などに多く、腕やおしり、太ももなどの体に近い方の四肢にも多くみられます。

  • 脂肪腫の治療について

    5㎝以上あるような大きな脂肪腫については、MRI検査を他院でしていただく場合がありますが、小さなものについては、ほとんどの場合日帰り手術での治療が可能です。
    脂肪腫がガン化することはほとんど有りませんが、切除した脂肪腫は、病理検査に出して良性か悪性かを念のため検査します。

how to粉瘤とおできの
見分け方

粉瘤とおできの見分け方

おでき(せつ)は、主に黄色ブドウ球菌が毛穴とその周囲に細菌感染を起こすことによって起こります。毛包炎が悪化して膿疱が硬いしこりのようになったものは「せつ」と呼ばれ、複数個のせつが皮下でつながってできると「よう」と呼ばれます。

ブドウ球菌は皮膚の常在細菌ですので、風邪などの病気や疲れ、ストレスなどで⾝体の抵抗⼒が弱っている時に⽑包炎が悪化しておできになります。

厚みのあるしこりができ、赤くはれて熱を持った痛みがあります。腫れがでて3~5日経って大きくなると、腫れはしだいに柔らかくなり膿がでてきます。

おでき(せつ)は、細菌に感染して腫れがでている炎症性粉瘤に似ているところがありますが、おできと違って粉瘤のしこりは突然できるものではないという点で異なります。

  • おでき(せつ)の特徴

    おでき(せつ)は誰にでも発症することがありますが、糖尿病の患者さんでより多く生じます。
    また、⾝体のどこにでもできますが、特に⾸の後ろ、おしり、太もも、陰部付近などの擦れやすい、蒸れやすい部位に多くできます。
    おでき(せつ)が進⾏し、隣り合う複数の⽑包に炎症が広がって「よう」になると、より⼤きく腫れあがり、炎症が強いため痛みも強く、発熱など全⾝の症状が出る場合があります。

  • おできの治療

    おできが悪化して内部に膿がたまっている場合はメスで切り開いて取り出す治療を行いますが、抗生物質の内服薬や外用薬で治療をします。

    抵抗力が弱っている時になるので悪化してしまわないように、早めに受診することをお勧めします。

how to粉瘤とガングリオンの
見分け方

粉瘤とガングリオンの見分け方

ガングリオンは、主に手の指の付け根や手首などにできる、ゼリー状の物質がつまった良性の腫瘍です。軟らかいものから硬いものまであり、神経の近くにできて圧迫するとしびれや痛みを生じます。

関節や腱を滑らかに動かすための潤滑油にあたる滑液が、ガングリオンの袋中に送られ、濃縮してゼリー状にたまってくることで発生するといわれています。

ガングリオンは主に手の関節周辺(足指や足首、膝にもできることはある)にできることから、できた部位である程度判断できますが、粉瘤も同様の場所にできることがありますので、気になる場合は受診するようにしてください。

  • ガングリオンの原因と特徴

    手を良く使うからできるというものではなく、なぜガングリオンができるのかはまだ明確にはなっていませんが、若い女性に比較的多く発症します。
    触診と注射針を刺してゼリー状の内容物を吸引して診断します。
    痛みの症状がなければ放置して自然治癒に任せることも可能ですが、しびれや痛み、大きくなって日常生活に差し障りがある場合には、受診して治療されることをお勧めします。

  • ガングリオンの治療

    ガングリオンの治療は、注射針を指してゼリー状の内容物を吸引して取り除く方法が一般的です。
    治療を受けても何度も再発を繰り返す場合は、手術でガングリオンを摘出します。

    自分で押しつぶすなどの行為は汗腺を引き起こすなどのリスクがありますので、やめておきましょう。

お問い合わせ
お問い合わせ

pagetop