粉瘤くり抜き法日帰り手術のできる名古屋市の皮膚科

ウェルネスビューティークリニック名古屋院
未成年同意書ダウンロード
0120-788-996 LINE友達追加 INSTAGRAM
名古屋市中区栄駅ウェルネスビューティークリニック名古屋院

粉瘤について

お問い合わせ

atheroma粉瘤とは

粉瘤とは

粉瘤(別名アテローム)は一般的に「脂肪の塊」だと思われがちですが、実は表皮にできる腫瘍の一種です。
皮膚の一部に袋状の構造物ができ、そこへ皮膚から剥がれ落ちるはずの垢や皮脂などの老廃物が溜まりこんでしまうことが原因で発生します。
表皮にできる腫瘍なので身体中のどこにでもできますが、主に顔や背中、首、耳たぶなどに多く見られます。

袋の中に溜まった老廃物は外に出ていくことはないので自然に治癒していくことはなく、時間が経つにつれて少しずつ大きくなっていきます。
腫瘍の中心に黒っぽい開口部があり、強く押し出すと臭いがきつい粘り気のある物質が出てくることもありますが、無理に押し出そうとはせず、できるだけ早いうちにクリニックで治療を受けることをおすすめします。
名古屋市中区栄駅のウェルネスビューティークリニック名古屋院へ、まずは一度カウンセリングにお越しください。

名古屋市中区のウェルネスビューティークリニック名古屋院では
傷跡が目立ちにくく痛みを抑えた
安心安全なくり抜き法をおすすめしています。

treatment粉瘤の治療法

粉瘤の治療は、手術で袋状の構造物を取り除くしかありません。自分で押しつぶしたり、針で穴をあけて内容物を押しだすなどの行為は、逆に細菌感染のリスクと高めますので絶対にしないようにしてください。

手術には、従来からのメスで切開して切除する方法と、円筒状のメスで小さな穴を空けてそこから取り除く「くり抜き法」の2つの手術方法があります。

皮膚にできたしこりが気になる場合は、皮膚科を受診するようにしてください。

ウェルネスビューティークリニック名古屋院へ
カウンセリングにお越しください。

  • くり抜き法(へそ抜き法)の特徴

    くり抜き法(へそ抜き法)とは、円筒状のメスを粉瘤の開口部中心に刺し込み穴を開け、その開いた穴から表皮とともに袋状の構造物に溜まり込んでいる老廃物を押し出しながら袋と一緒にくり抜く治療方法です。
    くり抜き法は1~4mm程度の小さい穴を開けて施術を行うため、傷跡は目立ちにくく最終的にはニキビ跡くらいのへこみが残る程度です。
    施術中は局所麻酔を行うので、痛みに不安がある方でも安心して受けていただけます。

    • 数ミリ程度の小さいサイズの粉瘤
    • 小さな穴から袋ごと内容物を吸い出すので傷跡が目立ちにくい
    • 短時間で終わるので日帰り手術が可能
    • 炎症があっても施術できる
    • 縫合しないため完治までやや時間がかかる
    • 内容物が吸い出しきれなかった場合、再発する可能性がある
  • 従来法(切開法)の特徴

    従来法(切開法)とは、従来からの治療法で粉瘤の周辺をメスを使って皮膚を切開し、内容物と袋状ののう胞を取り除き、縫合する手術です。

    袋を完全に切り取るので、再発のリスクがほとんどないのがメリットですが、くり抜き法に比べて切開する分傷跡が長く大きくなるのがデメリットです。

    • 数センチ程度の大きくなった粉瘤
    • 粉瘤の直径と同じくらいの切開が必要
    • 切開後縫合し、約1週間後に抜糸
    • 袋が破れなければ確実に完全摘出できるので、再発が少ない
お問い合わせ

名古屋市中区のウェルネスビューティークリニック名古屋院では
傷跡が目立ちにくく痛みを抑えた
安心安全なくり抜き法をおすすめしています。

  • くり抜き法(へそ抜き法)の
    メリット

    • 傷が目立ちにくい
    • 短時間で終わるため、日帰り手術が可能
    • 炎症があっても施術が可能
    • ダウンタイムが少ない
  • くり抜き法(へそ抜き法)の
    デメリット

    • 大きいものや皮膚が分厚い部分にできていると施術が困難
    • 縫合しないため完治に時間がかかる
    • 内容物が取り除ききれない場合再発することがある

cause粉瘤の原因

粉瘤ができる根本的な原因は、まだはっきりとは分かっておらず、予防することもできません。

ヒトパピローマウイルスの感染や皮膚への外傷など原因がはっきりしているケースは稀で、皮膚にできた傷などがきっかけとなり、皮膚が内側へ入り込むのが原因ではないかと言われています。
ですので、擦り傷や切り傷などの外傷やニキビであったりピアス、虫刺されが原因のひとつになることも考えられます。

また、溜まっているのが角質や脂質などということで、不潔にしていると粉瘤ができると思われがちですが、清潔にしていても粉瘤はできます。

  • 自分で取ったり、治そうとするのは危険です

    自分で取ったり、
    治そうとするのは危険です

    粉瘤をピンセットで取ったり、押しつぶしたり、針で刺して内容物を絞りだして自力で治そうとする方もいらっしゃいますが、粉瘤は内容物を取り出しても袋状の構造物を取り除かない限り治りません。
    時間と共に袋に老廃物が溜まって大きくなり、再発する可能性が高いです。

    また、無理に取ろうとして傷をつけることで細菌が入り込み感染し、炎症を起こすリスクが高くなりますので、自力で治そうとすることはやめて皮膚科を受診するようにしましょう。

  • 粉瘤は薬では治りません

    粉瘤は薬では
    治りません

    粉瘤は、ニキビなどと違って薬で治すことはできません。

    細菌感染して炎症を起こした炎症性粉瘤の場合は、まずは治療のために炎症を取り除くために抗生剤や塗り薬を処方されることがありますが、それは炎症を抑えるためのもので、粉瘤自体を治すことはできません。

お問い合わせ

Flow粉瘤日帰り手術の流れ

ウェルネスビューティークリニック名古屋院では、
従来法(切開法)に比べて傷跡が目立ちにくく、短時間で
手術可能なくり抜き法(へそ抜き法)をおすすめしています。

  • 01.診断
    粉瘤日帰り手術の流れ01

    診断

    医師が診断を行い、手術が可能な粉瘤かどうかの判断をします。
    サイズが大きかったり、皮膚が分厚い部分にできているとくり抜き法での施術は不可能になり、通常の切除法を行います。

  • 02.麻酔
    粉瘤日帰り手術の流れ02

    麻酔

    くり抜き法(へそ抜き法)を行う粉瘤の周囲にマーキングをし、局所麻酔をしていきます。
    局所麻酔が効いてから切除を行いますので、痛みに不安のある方でも安心してを受けていただけます。

  • 03.開孔
    粉瘤日帰り手術の流れ03

    開孔

    円筒状のメスを粉瘤の開口部中心に刺し込み、1~4mm程度の孔を開けます。

  • 04.粉瘤の抜き取り
    粉瘤日帰り手術の流れ04

    粉瘤の抜き取り

    開口部からピンセットなどの器具を使用しながら、取り残しのないように粉瘤を丁寧に抜き取っていきます。
    大きくなっている粉瘤の場合は、まず粉瘤の中に溜まっている内容物を抜き出してから、袋を取り出します。
    しっかり取り切らないと粉瘤の再発の恐れがあるため取り残しのないかを丁寧に確認いたします。

  • 05.洗浄・縫合
    粉瘤日帰り手術の流れ05

    洗浄・縫合

    洗浄し、取り残しがないことをしっかりと確認し治療終了です。
    くりぬき法では傷口の縫合は基本的には不要ですが、必要に応じて縫合する場合があります。

お問い合わせ

fee粉瘤手術費用

  • 非露出部(半袖・半ズボンで隠れる位置)

    • 径3cm未満

      ¥4,170
    • 径3~6cm未満

      ¥10,020
    • 径6cm以上

      ¥12,810
  • 露出部(半袖・半ズボンでも見える位置)

    • 径2cm未満

      ¥5,310
    • 径2~4cm未満

      ¥11,340
    • 径4cm以上

      ¥13,410

※上記金額は健康保険料3割負担の場合の表記です。
※その他診察料・処方料、血液検査・病理検査・その他検査費用がかかります。

faqQ & A

名古屋市中区栄駅のウェルネスビューティークリニック名古屋院で
くり抜き法に関するよくあるご質問のご紹介

手術の跡は残りますか?

傷跡が目立ちにくい施術をご提案しておりますが、全く傷跡が残らないというわけではないためご了承ください。

ダウンタイムがあるのか不安です…

目立ったダウンタイムはありませんが、手術当日は入浴と飲酒はお控えください。

手術時間はどのくらいですか?

約5分~20分程度の短時間で終了するため、日帰り手術が可能になっています。

再発の可能性はありますか?

ほぼ再発することはありませんが、内容物の取り残しがある場合再発することがございます。
名古屋市中区栄駅のウェルネスビューティークリニック名古屋院ではそのようなことがないように丁寧かつ念入りに施術を行っていますので安心して受けていただけます。

お問い合わせ

pagetop