ほくろ除去・イボ除去|名古屋市中区栄駅の美容皮膚科

ウェルネスビューティクリニック名古屋院
未成年同意書ダウンロード
0120-788-996 LINE友達追加 INSTAGRAM
お問い合わせ

イボ・ほくろ除去

イボ・ほくろ除去
¥2,500(税込¥2,750)

名古屋市中区栄駅ウェルネスビューティ
クリニック名古屋院のホクロ・イボ除去は
キレイな仕上がりにこだわった
電気レーザーによる除去施術です

mole laser removalイボ・ほくろ除去電気レーザーとは

電気メスとは

名古屋市中区栄駅ウェルネスビューティクリニック名古屋院では、ほくろ除去・いぼ除去施術にレーザー・電気メスを採用しています。

レーザーで水に吸収される波長を当てることで、ほくろ内の水分と反応させることで熱エネルギーが発生し、健康な肌を傷つけることなく、ほくろの組織だけを取り除くことができます。電気メスは、先端から高周波電流を流して、その熱を利用して切開、止血を行うことができます。ほくろやイボの組織を浅く取り除きながら同時に止血ができるので出血の心配がありませんので、より安心して施術を受けていただけます。

名古屋市中区栄駅ウェルネスビューティクリニック名古屋院では
経験豊富な皮膚科・形成外科の医師による
施術を受けることができます。

  • イボ・ほくろ除去電気レーザーは
    こんな方にお勧め

    • 目立つイボやほくろを取りたい
    • 顔中にほくろがあって気になる
    • 加齢とともにイボが目立ってきた
    • ダウンタイムを短くしたい
    • 傷跡が残らないようにしたい
    • メイクを落とさなきゃいけないのが面倒
  • イボ・ほくろ除去電気レーザーの
    施術について

    施術時間
    約5分程度
    施術前の準備
    なし
    施術後の通院
    なし
    リスク・副作用
    照射後は一時的にかさぶたが形成されます。赤みや色素沈着を起こすことがあります。
    メイク/入浴

    [メイク]施術後すぐに可能

    [入浴]施術後すぐに可能

typeほくろ・イボの種類

除去してもいいほくろ・イボかどうかの判断が大切です。
ウェルネスビューティクリニック名古屋院では
皮膚科・形成外科の医師が適切に判断し、施術を行います。

ほくろ・イボと思っていても中には悪性のものの場合があり、その際は電気レーザーによる除去では完治しないことがあり、適応できないことがほとんどになりますので、その判断がとても大切になります。
名古屋市中区栄駅ウェルネスビューティクリニック名古屋院では経験豊富な医師が診断を正確に行い、施術させていただきますのでご安心ください。
また、種類や大きさによっては電気メスでなくを切開法お勧めする場合もございます。

電気レーザーで除去が可能な
ほくろ・イボの種類

  • 単純黒子

    単純黒子

    単純黒子(小型の色素性母斑)は、皮膚の浅い部分にあるホクロです。
    1~2㎜程度の大きさのものが多く、黒色・黒褐色で、盛り上がりのないのが特長です。
    年齢と共に増えたり・色が濃くなってくるので、後々気になってくる方が多いと思います。

  • 色素性母斑

    色素性母斑

    母斑細胞が層になり重なってできるのが色素性母斑です。
    盛り上がっているのが特徴で、時間と共に大きく、より盛り上がってきます。
    皮膚の浅い部分にできるものから、真皮に向かって成長していく色素性母斑もあります。

  • 老人性いぼ

    老人性いぼ

    顔や体になどに表れる良性腫瘍を老人性イボ(脂漏性角化症)といい、時と共に盛り上がってきたり、大きさも2㎝ほどになる事もあります。
    良性腫瘍なので、処置しなくても問題はありませんが、場所によっては気にされる方も少なくありません。

comparisonほくろ除去・イボ除去法の比較

ほくろ除去施術例

イボ・ほくろ除去には様々な施術方法がありますが、ウェルネスビューティクリニック名古屋院ではレーザーと電気メスでの除去をおこなっております。
種類や大きさによって適切な施術をご案内させていただきます。

症例:電気メスほくろ除去 料金:2,500円(税込2,750円)
リスク:照射後は一時的にかさぶたが形成されます。赤みや色素沈着を起こすことがあります。

項目 イボ・ほくろ除去レーザー 電気メス
大きさ 直径が5mm以下 直径が5mm以下
盛り上がり 平ら(もしくは大きく盛り上がってない) 大きく盛り上がっている
施術時間 5分程度 15分程度
痛み 特になし 特になし(麻酔使用)
傷あと 目立たない 目立たない
特長
  • たくさんあるほくろを一度に除去できる
  • メスを入れられない目・小鼻周りでも適応可
  • ほくろ以外の部分(肌)を傷つけずに済む
  • 施術の際の出血がない
  • 完治まで時間がかかるが比較的にキレイな仕上がり
  • 1度の施術で効果が期待できますが、必要に応じて複数回の施術を行います。
  • テープ保護の上からならメイク可能
  • 施術の際の出血がない

faqQ & A

名古屋市中区栄駅ウェルネスビューティクリニック名古屋院で
イボ・ほくろ除去電気レーザーに関するよくあるご質問のご紹介

電気レーザーでイボ・ほくろ除去後に傷痕は残りますか?

電気レーザーでのイボ・ほくろの除去後には少しくぼみができますが、徐々に皮膚が再生することで平らに戻ります。また、少し色が残ったものも、次第に薄くなります。

電気レーザー施術は痛いですか?

局所麻酔を行いますので痛みの心配はありません。

施術後気を付ける事はありますか?

完治するまでは、保護テープを貼って軟膏を患部に塗っていただきます。
また、患部は紫外線に弱いため、患部に直射日光などで紫外線を浴びてしまうと炎症を起こしたり、シミの原因にもなりかねません。外出の際は紫外線対策をしっかりと行ってください。

ほくろ除去後に再発することはありますか?

肉眼で確認できないほどのホクロ細胞が残ってしまう事があり、その場合再発する場合があります。
再発した場合でも、再度電気レーザーでの除去が可能ですので、ご安心ください。

1日で何個もイボ・ほくろ除去できますか?

はい、除去できます。お気軽にご相談ください。イボ・ほくろの数がきわめて多い場合は、何度かに分けて治療することをお勧めします。

除去できないほくろはありますか?

ほとんどのほくろは除去できます。耳の中や鼻の中、まぶたの際のほくろ除去など場所によってお断りすることがぎざいます。

保険適用でほくろ除去できますか?

単なる美容目的では保険の適用がありません。顔を洗うときにほくろがひっかかる、ひげを剃るときに引っかかって出血することがあるなど、ほくろにより機能的に何らかの問題がある場合や悪性腫瘍の可能性を否定できない場合には保険適用となります。ほくろ除去が保険適用になるかどうか気になる場合は、ウェルネスビューティクリニック名古屋院の医師にご相談ください。

aboutほくろの部位や
レーザー治療について

ほくろの部位やレーザー治療について

顔にあるほくろ

顔にあるほくろはその位置がどこにあるかに関わらず、顔の対称性を妨げます。顔が左右対称であればあるほど美しい顔、と一般的に考えられているため、ほくろは顔に関する魅力を低下させる要因にもなりえます。
ただし、実際にほくろが顔の魅力にどう影響するかを研究した論文によれば、いわゆる魅力的だとされている泣きぼくろや、口元のほくろについても、その有意性はないとされています。
つまり、ほくろの位置が「良くても」、それが魅力的な顔だと判断されるとは言い切れません。ほくろの位置が気に入っているからといって、ほくろを放置する理由にはならないのです。

  • ほくろの色と形

    ほくろの色と形には個人差がありますが、子どものほくろと大人のほくろにも大きな差異があります。それはほくろの色と形です。
    子どものほくろの多くは、黒や茶色が多く、次第に黒や茶色が減っていき、色素脱失や青灰色領域が目立つようになります。
    なぜほくろにこのような色素変化が現れるかというと、メラニンの位置が影響しています。子どものほくろが黒いのは、ほくろ部分の表皮基底層から各層内に分布するメラニンのためです。
    大人のほくろは、表皮内の母斑細胞が減り、色素脱失領域が広がることほくろ部分の真皮内のメラニンが目立つようになるため、ほくろそのものが青色がかった灰色をしています。

  • ほくろの大きさ

    ほくろの大きさはほくろができてから数年間だけ成長し、3ミリから6ミリ程度まで成長後、変わらないことが多くなります。子どもの頃にできたほくろは成長分の変化が加わるため、成長期の間拡大し続ける恐れがあります。また先天性のほくろは最初から大きいものがあります。

  • ほくろの数

    ほくろの数は年齢によって変化し、生まれたときと死ぬ時がもっとも少なくなります。ほくろの数のピークは40代、10代から20代に特に増えます。
    もし40代以降にほくろが増えたと感じる場合、それはほくろではなく、老人性のイボの可能性が高くなります。

  • ほくろの隆起

    また形も子どものほくろは平坦ですが、大人のほくろはイボのように半球状に隆起するものが増えてきます。このほくろの隆起ができるのは個人差がありますが、だいたい思春期を過ぎてから、女性の場合は妊娠、出産を経てから多くなります。

  • 顔のほくろの隆起

    ほくろが隆起するケースで、顔にできたほくろの場合、半球状もしくは丸く隆起する特徴があります。頭や首にできるほくろが隆起する場合、イボ状に隆起します。隆起したほくろの直径は、隆起しないものと変わらないケースが多くなります。ほくろの隆起が見られるのは思春期以降から20代にかけてがほとんどです。

ほくろの部位

  • 顔のほくろ

    顔にできたほくろは思春期までは平坦で黒色ですが、それ以降はほくろ自体が丸く隆起する可能性があります。また直径が大きいほくろほど隆起しやすくなります。年齢を重ねるとだんだん白っぽくなるのも顔のほくろの特徴です。

  • 頭と首のほくろ

    顔のほくろと同じ特徴がありますが、思秋期以降はほくろ全体かほくろの中央部分がイボのように隆起する可能性があります。

  • 体幹四肢のほくろ

    体幹四肢のほくろは小児期にできたものは、ほくろそのものが平坦であってもその後球状になり、思春期にはほくろがイボ状に隆起するケースがあります。
    成人してから四肢にできるほくろは平坦のままになるケースが多く、老化するにしたがって網目上のほくろが途切れ、ほくろ自体が消失することもあります。

  • 足の裏や手のひらにできるほくろ

    足の裏や手のひらのほくろは、皮膚の溝に平行にできるほくろが多く、年を取るにしたがって皮膚の溝にあるほくろは薄くなります。皮膚の溝に沿ってできたほくろがその部分だけ消え、青色の皮丘部分だけが残るケースは、ほくろではなくメラノーマと間違われることもあります。

ほくろのレーザー治療

ほくろの一部は、紫外線や傷など外的な刺激によってメラニンが局所的に増えることで発生した皮膚病変です。ほくろの治療は切除や、医療用レーザーによって行われますが、レーザー照射によってほくろが消える仕組みを紹介します。
除去レーザーがほくろに当たると、ほくろを形成するメラニンに光のエネルギーが吸収され、膨張します。その後熱破壊が起き、メラニンが破壊され、身体のマクロファージによってほくろを形成していた成分が体内に吸収されます。これがほくろのレーザー治療の仕組みです。

現在ほくろ治療で利用されているレーザー治療器はハンドピースタイプが多く、レーザーのスポット径が3ミリから7ミリと、大きなほくろにも十分対応できる大きさになっています。

ほくろのレーザー治療の
メリットとデメリット

ほくろのレーザー治療は、一度の照射で広い範囲のほくろを治療できるので、治療時間が短くてすみ、治療に訪れた患者さんの負担が軽くなります。しかしながら、ほくろに対してレーザーを手動で照射するため、照射する医師の技量が治療の質や時間に影響してきます。
ほくろに対するレーザー照射にムラが出ればほくろをきれいに除去できませんし、同じほくろに重ねて照射した場合、皮膚が耐え切れずほくろ部分にやけどを負う可能性もあります。
ほくろを切除して治療する場合、こうしたリスクを避けることができるだけでなく、ほくろの病理組織学的な分類を行った上で、適切な治療を進めていきます。

feeイボ・ほくろ除去レーザー料金

  • イボ・ほくろ除去

    ¥2,500(税込 ¥2,750)

※ホクロ・イボの大きさ等によって料金が変わります。

名古屋市中区栄駅ウェルネスビューティクリニックでは
皮膚科・形成外科の医師が行いますので
ご安心して施術を受けていただけます。

お問い合わせ

pagetop